学部長メッセージ

ご挨拶 渋沢スカラープログラムの開設にあたって

商学部長 蜂谷豊彦

商学部長
蜂谷豊彦

一橋大学商学部では、2013年度以降の入学者を対象に、国籍や言語にかかわらず、グローバルな環境でCaptains of Industryとしての役割を体現しうる人材を育成することを狙いとした教育プログラム「渋沢スカラープログラム」を始めました。このプログラムでは大学2年次に約15名の学生を選抜し、国際的なビジネスの世界で活躍できる人材として必要な論理的思考力、分析力を育成するため、さまざまな講義を設置しています。我々は、世界の経済、社会および企業に対する深い問題意識、高い志と溢れる情熱、直面する課題を主体的に解決するための能力を備えた真のグローバル・ビジネス・リーダーを育てたいと考えています. 渋沢スカラープログラムは,一橋大学商学部の教育方針 – 社会科学における広く深い知識の修得およびゼミナールを中核とした少人数教育 – のもと,リーダーシップをもって広く国内外で活躍できる人材に必要とされる国際性を修得することを目的として行われる教育プログラムです.学生の皆さんにはまず,既存の専門科目およびゼミナールの場で行われる,日本語を用いた思考訓練と濃密な議論を通じて,商学・経営学分野の幅広い領域にわたって,企業システムの生成と発展のロジックをその背後のメカニズムにまで立ち入って理解するという深い思考の習慣を身につけてもらいたいと考えています.その上で,英語コミュニケーション・スキル科目および英語で行われる商学・経営学の専門科目の履修によって,英語によるインプット・アウトプットのスキルを修得してもらいたいと考えています. さらにこの教育プログラムに参加するすべての学生は長期の海外留学をし,自身の研究テーマについて英語でのプレゼンテーションを行えるだけのコミュニケーション・スキルを身につけてもらいたいと考えています.これに加え,海外の企業・機関でのインターンシップや国際的な学生交流の場での活躍も期待しています.こうした教育プログラムを通じて、日本、アジアさらには世界の経済や社会の発展に、ビジネスを通じて貢献するGlobal Captains of Industryを育成することを目指しています. 商学部学生の皆さんの積極的な参加を期待しています.