• 名前の由来
  • 修了要件

渋沢スカラープログラム 名前の由来

Profile-of-Eiichi-Shibusawa近代日本の経済界・実業界をリードした渋沢栄一は、我が国におけるCaptains of Industryの元祖といってもよいでしょう。

明治維新が起きて欧州から帰国した渋沢は、近代日本の租税・貨幣・銀行の制度の樹立や殖産興業政策の指導、株式会社制度の啓蒙・普及などに携わります。さらに,日本が本当に豊かになるには民間の商工業を盛んにしなければならない(商工業立国)、自分は先頭に立ってそのために力を尽くしたい−−−そう考えた渋沢は、その後,日本で最初の銀行である第一国立銀行を皮切りに、470にも及ぶ会社の設立や経営に参画しました。彼が「日本資本主義の父」といわれる所以です。

渋沢の活動は経済分野に限るものではありませんでした。社会福祉、民間外交、教育など国民生活の様々な側面に関わる事業に足跡を残しています。教育ではとりわけ商業教育と女子教育に力を入れました。中でも一橋大学の前身である東京高等商業学校への支援は格別だったと言ってよいでしょう。商工業立国のためにはそれを担うビジネス・リーダーを育成する高等教育機関が不可欠だと考え、その総本山としてこの一橋を守り、発展させたいと強く願っていたのです。

一橋大学商学部においてGlobal Captains of Industryたる人材を育成する事業を立ち上げるにあたり、われわれは、日本資本主義および一橋大学(商学部)の父たる渋沢栄一をロールモデルとして,未来を担う若き人材を育てていくという意味を込めて,このプログラムを「渋沢スカラープログラム」と名づけました。