第4回One Bridge Seminarが開催されました

Event Date: 12.10.2018

2018年度第4回OneBridgeセミナーが一橋大学国立キャンパスのマーキュリータワーで開かれました。今回は、ことのは法律事務所から佐藤氏をお招きし、”責任ある持続可能なビジネスとは”と題してお話しいただきました。今回は渋沢スカラープログラムの学生だけではなく、都内の高校から高校生も参加していました。

 

今回佐藤氏は、まず自らの経歴についてお話しされました。本学の法科大学院の卒業生でもある佐藤氏が、卒業後海外で活動なさっていた経験についてお話しされると、長期留学を控えた学生たちは積極的に質問するなど真剣に耳を傾けていました。

その後、本日の主題である企業の「責任」と「持続可能性」のお話になりました。佐藤氏はまず日本企業と東アジアなどの現地企業の間で起こり得る摩擦の例をあげて、これをどう解消すれば良いか尋ねられました。学生が専門分野の知識で回答する一方で、高校生も自らの考えを述べるなど多様な視点からの意見が挙がり、盛り上がる議論となりました。佐藤氏はさらに、その議論を踏まえて世界の現状について話されました。企業が働く人や環境、そして社会に対する「責任」を果たさなければ、世界の「持続可能性」は低下してしまいます。今後はこのような視点が、企業に求められていくだろうということでした。

 

ネットワーキングの時間には、佐藤氏を囲んで質問する学生の姿や、セミナーの内容について議論する学生の姿が見られるなど、充実したセミナーとなりました。参加者からは「実際の国連の話を聞けて良かった」「Human rightsについて考える機会になった」等の感想も聞かれました。